アラサー会社員の人生楽しむゆるゆるブログ

あまいぱんブログ

LIFE

現在の首里城どこまで見れる?火災後に都内から行ってみた【2019.11.12】

投稿日:

現在の首里城どこまで見れる

スポンサードサーチ

2019年11月現在の首里城はどこまで見れる?都内から弾丸旅行

じゃてぃらん
こんにちは。じゃてぃらんです。

以前、こちらの記事を書きました。2019年10月31日に起きてしまった首里城の火災、徐々に原因などが解明されつつありますね。

沖縄は個人的に、すごく悩んでいた時期に人生で初めて一人旅をした土地なので思い入れが深いです。

そこで今回は、火災後の首里城は現在どうなっているのかを実際に見てきました。都内から弾丸で行ってきたので、画像など含め見ていこうと思います。

【現在の首里城】守礼門を過ぎ歓会門と久慶門までしか見れない

現在首里城はどこまで見れるのか。結論は見出しの通り、守礼門を過ぎて歓会門と久慶門までしか見れないです。

首里城MAP

こちらが首里城の公式パンフからの画像です。
※パンフをくれた国際通りの「てんぶす那覇」1階にある那覇市観光案内所の方にブログ掲載許諾済

で、現在見ることができる(立ち入りができる)場所は下記の通り。

首里城現在見れるところ

上記の通りでして、×の部分は一切立ち入りできません。

①の歓会門と、②の久慶門のところまでしか行けなくなっています。

③の位置からは、日中晴れたときに行くと焼け跡が見えるそうですが、オレが行ったのは夕方過ぎで暗かったので確認できませんでした(´;ω;`)

スポンサードサーチ

こちら現在の首里城の様子です【画像あり】

画像で見ていきます。マップの総合案内所のところから坂を上がっていくと、こんな感じです。

首里城の今01

↑入口から入ると案内の看板があります。

首里城の今02

↑プチ坂道を登っていくと、守礼門が見えてきます。

首里城の今03

↑首里城公園のマップとかもありますね。

首里城の今04

↑守礼門。本殿が見れなくなった今、ここ守礼門が首里城で一番美しい場所かもしれないです。。。

首里城の今05

↑こちら世界遺産の「園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)」も赤コーンで囲まれてます。

首里城の今06

↑歓会門が見えてきます。割と遅めの時間でしたが、結構人がいました。

首里城の今07

↑本当ならここから中に入れるんですがね。。。(´;ω;`)

首里城の今08

↑歓会門上の金文字。

首里城の今09

↑歓会門右はじ部分をよく見たら若干ですが奥の方に朱色を発見。奥までいきたい。。。

首里城の今10

首里城の今11

↑弁財天堂に降りる階段もコーションテープで封鎖されてるけど、意味あるのかな。。。

首里城の今12

↑久慶門が見えてきます。

首里城の今13

↑同じく金文字。

首里城の今14

↑久慶門より高い建物が近くにないから、夜に見ると広大すぎて昔に来てしまったみたいな感覚になってちょっと怖かったりします。

。。。しかしこの赤コーンがわりと台無し感を演出している。。。(´;ω;`)

首里城の今15

↑いたるところに警備員さんが何するわけでもなく立っていたんですが、これ、意味あるんですかね。。。今更感が若干否めない雰囲気。。。

【補足】ドラクエウォーク首里城のお土産とランドマークは首里駅に移動

ドラクエウォークで首里城の守礼門にあったお土産とランドマークは、最寄のゆいレール首里駅に移動しています。

首里城ドラクエウォーク

じゃてぃらん
この日はなんかやばそうなモンスターが出ていて、挑戦したら瞬殺されてしまいました、、、

首里城火災後の現在は焼け跡とかは見れないです【がんばれ首里城】

ということで、現在の首里城を都内から実際に訪れてみてきました。

個人的な話の繰り返しですみませんが、悩んでいたときに初めて一人旅したすごく好きな場所だったので、本当に残念です。おまけに、また行こうと計画立てていた矢先の火災という、、、あと約2週間早く行っていれば本殿を見ることができたんですがね、、、

那覇のいたるところに募金箱が設置されています。少しでも協力したいので、都内でも機会があれば微弱ながらも協力していこうと思っています。

首里城の再建を心から願っています。

-LIFE
-,

Copyright © あまいぱんブログ, 2018~2019 All Rights Reserved