HOBBY

2020年コロナ禍のGo To→八丈島で観光客は歓迎されるのか【体験談】

投稿日:2020年8月14日 更新日:

2020年コロナ禍のGo To→八丈島で観光客は歓迎されるのか【体験談】

本記事の目次です。

スポンサードサーチ

2020年8月コロナ禍だけど八丈島観光に行った体験談【Go To検討者向け】

都内から約1時間、飛行機往復約3万円で行ける日本のハワイ八丈島

じゃてぃらん
こんにちは。じゃてぃらんです。

2020年8月、連休が取れたので八丈島に観光に行ってきました。

オレは都民なのでGo Toキャンペーンは利用できませんでしたが、Go To利用で八丈島旅行を考えている方もいるのではないでしょうか。

予算感で言うと、一人旅の場合だいたい下記の感じ。

・飛行機往復チケット代:約3万円

・素泊まり一泊:約5,000~8,000円

一人旅で二泊三日とかなら、5万円くらいで行けますね。Go To利用ならもっと安いのではないでしょうか。

【悲報】しかし、コロナ禍のため観光客は歓迎されないかもです

【悲報】しかし、コロナ禍のため観光客は歓迎されないかもです

しかし、気になるのは、2020年現在はコロナ禍ということ。

デリケートな問題ですが、はたして観光客は地元の方々から歓迎されるのかどうか。気になる方も少なくはないでしょう。

そこで今回は

疑問点

2020年コロナ禍、Go Toなどで八丈島に観光に言った場合歓迎されるのかどうか

ということについて体験談を書いていこうと思います。

ちなみに結論を先にネタバレすると、歓迎されない場合も多くあるものの、肌感覚としては『相手によりけり』かなといった感じです。

【体験談】コロナ禍のGo To→八丈島観光が歓迎されるかは50%50%です

再度結論を言いますと、下記の感じ。

コロナ禍の2020年Go Toキャンペーンなどで八丈島に行った場合、観光客が歓迎されるかどうかは半々くらいの確率です。そして、歓迎されるかどうかは相手次第、といった肌感覚です。

歓迎されないってどういうことかというと、後で詳しく説明しますが、お店に入れてもらえなかったり嫌味を言われたりする場合があります。

オレはあまりこういったことは気にならない性格だったので楽しめましたが、気にされる場合はちょっと注意が必要かもしれませんね。

スポンサードサーチ

八丈島は大きな医療施設がなくGo Toなど観光でコロナ感染を恐れている

なぜ上記のような「観光地なのに観光客を歓迎しない」ということが起こるかというと、理由は下記の通り。

・八丈島はコロナ感染者ゼロ(2020年8月時点)

・八丈島には大きな医療施設がない

・八丈島は高齢化が進んでいる

八丈島滞在中に、オレがタクシーの運転手さんやお店の人などから聞き取ったり、歓迎されなかったシチュエーションで聞かされたものは、だいたい上記どれかが理由でした。

詳しく説明します。

八丈島はコロナ感染者ゼロ(2020年8月時点)

オレが観光に行った2020年8月時点で、八丈島コロナ感染者数はゼロです。

そのため、

もし、万が一、島内の第一感染者を身内から出してしまったら、、、

ということを危惧し、観光客との接点を持ちたくないと考える方も多くいらっしゃるようです。

八丈島には大きな医療施設がない

八丈島観光協会ブログに詳細が記載されていますが、感染症指定病院である町立八丈病院があるものの、感染症に対応する病床は2床しかないとのことです。

引用:八丈島観光協会ブログ『八丈島へのご来島をお考えの皆様へ』より

「もし観光客からうつって重症化したら、自衛隊のヘリで輸送とかになっちゃう」といった声を何度か聞きました。

八丈島は高齢化が進んでいる

高齢化が進み、「主な情報収集がテレビ番組」という方が増えている、ということも聞きました。

ワイドショーなどで連日不安を煽る内容の放送が続いている関係で、

なんかよく分かんないけど、新型コロナはとにかく無茶苦茶やばい疫病で、もう都内に住んでる人間はほぼ全員陽性予備軍みたいなもの

こういった認識の方も少なくないそうです。

※あながち間違ってはいないかもですが。。。

また、高齢者ほど重症化しやすいというコロナの性質もあり、感情が先だって「観光客とは接したくない」という意見を持たれている方が少なくないとのことでした。

こういった言い方をすると怒られるかもですが、、、めちゃくちゃ直接的な言い方をすると「情弱の高齢者がテレビばっか見て、不安を煽るマスコミの報道で思考停止の感情論で観光客を嫌がってる」といった感じなのかもですm(_ _)m

※上記は、オレが滞在中にタクシーの運転手さんや店員さんなどから聞き取った内容をまとめています。

コロナ禍を理由に観光客を断るお店なども多い【Go Toで八丈島検討者は注意】

次に具体例を挙げていきます。

オレが滞在したのは8月9~12日の三泊四日でしたが、下記の感じ。

・スーパーなどはマスクしないと店内に入れてもらえない

・喫茶店、ご飯屋、居酒屋など、観光客(島外の人)お断りの店多数

順番に説明します。

スーパーなどはマスクしないと店内に入れてもらえない

スーパーなどはマスクしないと店内に入れてもらえない

八丈島にはコンビニとかないです。

基本的にスーパー的なお店で食材や日用品など購入するっぽいのですが、だいたいどこの店舗でもこういった感じでマスク着用や消毒が入店の条件になっています。

マスクがない人はまずレジでマスクを買ってから(1枚30円とかなので良心的すぎ)じゃないと入店できませんでした。

なので、かなり徹底していますね。

喫茶店、ご飯屋、居酒屋など、観光客(島外の人)お断りの店多数

喫茶店、ご飯屋、居酒屋など、観光客(島外の人)お断りの店多数

喫茶店やご飯屋、居酒屋など飲食店では、そもそも「観光客禁止」の店も少なくなかったです。

上記画像のように、張り紙で「島外の方入店禁止」としている喫茶店もありました。

夕ご飯は予約しないとどこも入れないため、前もって飲食店に電話予約するのですが、電話した時点で「観光客お断り」のお店は結構ありました。

じゃてぃらん
「常連のお客さん(島民)が嫌がるから観光客の方は今全部お断りしてるんですよ」みたいなことを何度か言われました。

こういった中でも「うわ、マジか。。。」と一番印象的だったのが、次の某喫茶店での出来事でした。

コーヒー飲みに立ち寄った喫茶店で「どこ行っても歓迎されないよ」と言われる

八丈島一人旅オススメのアクティビティは原付で島を一周【穴場観光】

上記記事で詳細を書いてますが、八丈島を原付ツーリングで一周しました。

そのとき、コーヒー飲みたくて立ち寄った喫茶店でマスターの高齢女性との会話が下記の感じでした。

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

あ、やってますか?一人ですが入れます?

no-img2″>
 <figcaption class=店主

やってますけど。。。観光客ですよね?

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

あ。。。(察し)、ありがとうございます大丈夫です、また出直してきますね。

no-img2″>
 <figcaption class=店主

、、、コーヒー一杯とかでしょ?

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

まぁ。。。はい。

no-img2″>
 <figcaption class=店主

、、、大丈夫よ、どうぞ。

なんか、その高齢女性店主がすごい嫌々感があったので、ぶっちゃけ入店するのが申し訳ない気分だったのですが、、、

どうぞと言われたのでお言葉に甘え入りました。

no-img2″>
 <figcaption class=店主

ホント、こんな時期だからね。

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

いや、、、なんかすみませんね。

no-img2″>
 <figcaption class=店主

八丈島は大きな医療機関がないから。観光客から感染しちゃうともうどうしようもなくなっちゃう。

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

皆さんそうおっしゃいますよね。

no-img2″>
 <figcaption class=店主

今どこでも同じように言われません?

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

ええ、まぁ、観光客はお断りみたいな感じのお店は多いですね。

no-img2″>
 <figcaption class=店主

仮に昨日まで問題なくて島に来ても、今日や明日ダメになるってこともあるから。

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

そうですね。空港でも検温とかかなり厳重にしてましたし。

no-img2″>
 <figcaption class=店主

当たり前よ。今、観光客はどこ行っても歓迎されないと思いますよ

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

、、、(おい、マジかよ。。。そこまで言うのかよ、、、じゃあなんでさっき入店を許可したんだよ、、、※心の声)

こういった感じで、何を言っても全否定の文言で切り捨てられ、すごく気まずい感じでした。

ちなみに、このとき出されたコーヒーは、ス〇ャータかなんかのパックコーヒーを冷蔵庫で作った氷入りのグラスに入れられており、価格は500円でした。

そしてオレ以外客のいない店内は無茶苦茶タバコ臭く、全てのテーブルには灰皿完備。

マスターの「お前マジはよ帰れやオーラ」の圧力がすごかったので、入店5~6分でお店を出ました。。。(´;ω;`)

スポンサードサーチ

しかし八丈島の人達も本当は観光客を歓迎したいはず【コロナが全部悪い】

上記の感じなので、コロナ禍の特殊事情に腹落ちできない場合は、ぶっちゃけかなりむかつくこともあるかもですね。

しかし、本来であればこういったことは、八丈島の方々も言ったりしたりしたくないはず。

オレはこの記事で、閉鎖的な対応をした八丈島の方々を悪く言ったり批判したりするつもりは全くありません。基本的にコロナが全部クソだし悪いと思ってます。

また、「観光客大歓迎」な方々も当たり前ながら多くいてくださり、次のようなこともありました。

八丈島の割烹で地元漁師組合のおじいちゃん漁師さんにお酒をもらった話

某地元の居酒屋割烹で夕飯を食べていたときです。

島寿司という八丈島名物のお寿司や地元食材のお料理を食べつつ「江戸酎」という芋焼酎をボトルで飲んでいたのですが、隣の席で飲んでいた地元漁師組合のおじいちゃん漁師の方に話しかけられました。

パッションフルーツを半分に割って焼酎に入れるとうまいとのことで、目の前で割って「指でほじくってつまんでみな」と言われました。素手でいいんですか?というと、みんなそうやってるから別に大丈夫とのこと。

お言葉に甘え焼酎グラスに入れてみるとマジでうまくって、その後「どこから来たのか」「仕事は何をしているのか」みたいな話をされ、彼らが入れてるボトルのお酒もいただきながらすごく楽しい時間を過ごせました。

じゃてぃらん
別れ際に「明日の朝、港まで来い。魚を山ほどあげるから」と言っていただけましたが、時間的な都合で果たせず。。。残念。

コロナ禍の八丈島観光、結局どういう対応されるかは『その人』次第と思った

上記の感じで、ぶっちゃけ「なんかやな感じ」なことも「めちゃイイ感じ」なことも、どっちもありました。

すごく基本的なことかもですが、コロナ禍とはいえ観光って「自分の気の持ちよう」と「接する相手次第」で全く感じ方に違いがあるかもですね。

『高齢者』というくくりで考えても、悲しい対応でオレを萎えさせた喫茶店のマスターも、お酒をごちそうしてくれた漁師さんも多分同年代ですが、観光客のオレへの対応は全く違うものでした。

【体験談】八丈島観光はコロナ禍のため歓迎されない事もある【Go To注意事項】

以上、コロナ禍の2020年。Go Toキャンペーンなどで八丈島に行った場合の体験談として、下記の結論についてご説明しました。

2020年8月時点で、八丈島観光において観光客が歓迎されるかどうかは半々くらいの確率です。そして、歓迎されるかどうかは相手次第という肌感覚です。

Go Toキャンペーンで八丈島行きをご検討されている方はご参考ください。

オレ個人的な感想としては、本記事でご紹介したようなことがありましたが基本的にすごく楽しく、行って良かったと感じる素晴らしい観光旅行でした。

しかし、状況が状況なこともあり、必ずしも八丈島観光客は歓迎されるわけではありません。

世の中がこういう感じなので、Go Toキャンペーンを利用して八丈島観光をご検討されている方は、現地の方々のお気持ちを十分に尊重した気持ちで行かれることをオススメします。

本記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました。

-HOBBY
-, ,

Copyright © あまいぱんブログ, 2018~2020 All Rights Reserved