COLUMN

元彼が合鍵を返してくれないと言う同僚女子がなぜか嬉しそうだった

投稿日:2020年9月8日 更新日:

元彼が合鍵を返してくれないと言う同僚女子がなぜか嬉しそうだった

スポンサードサーチ

「返すのがめんどくさい」VS「返してくれない」という平行線の戦い

「自分のモノじゃないけど返すにはなんとなく惜しい」

「自分のモノじゃないけど、返すための労力が必要だから保留にしている」

身勝手な僕らは、ときにこんなブツを所有していたりする。

自分で買った覚えはないのにCDラックに入っているCDとか、なんとなく借りた文庫本とか、そういった軽率なブツであれば話もシンプルで済むのだけど、ときにその扱いが実に慎重にならざるを得ない他人のブツを所有していたりする。

えてしてこういった類のブツは、貸主が損するようになっている。

借りてる側の「めんどくさい」が貸主に与えてる影響は、借りてる側の想像をはるかに超えていることが多い。

合鍵を返してくれない元彼への対応でその女子のだらしなさが分かる件

先日のお昼休憩中、サラダチキンと春雨スープにプロテインという昼飯を食ってたら、職場の同僚(30歳女性)から唐突にこんな話を振られた。

no-img2″>
 <figcaption class=同僚

じゃてぃらんさん、仮にの話ですが、過去に付き合ってた恋人が自宅の鍵返してくれないとかの場合、どうします?

、、、なんだ、その「プチ重い話」のフリは、、、

動揺を悟られないように感情を殺してヒアリング。聞き取った状況を整理すると、下記の感じのようだ。

・約3年付き合いほぼ自然消滅だが、なんだかんだ5年関係が続いている元彼がいる

・キチンと別れ話をしたわけではないが、現状は別れたようなもんである

・現在、彼女は30歳。元彼は40代半ば

・八王子居住の彼はたまに飲み会帰りの夜中とかに都内在住の彼女の家に突然来る

・その元彼はおそらく今20代の職場の女と付き合っている

・昔渡した合鍵を未だに返してもらえない(返却を促してもはぐらかされる)

情熱を失った大人のカップルあるある、とでもいう感じ。聞いているだけで道端の動物の死骸を目撃した気分になる類の話題だ。

おそらくその元彼にとって彼女は「自宅に帰るのがめんどくさいときにセックス込みで無料で泊めてくれる都合のいい女」といった感じであろう。

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

えーーー!それは、、、一日でも早く返してもらった方がいいのでは、、、

no-img2″>
 <figcaption class=同僚

そうなんですけど、言っても返してくれなくて

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

返してもらうまで証拠を残す意味でもひたすらLINEかなんか送り付けた方がいいですよ。どのくらいのペースで返却を迫ってるんですか?

no-img2″>
 <figcaption class=同僚

2~3週間に1回って感じです

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

少ないですよ!嫌な感じにしつこいくらい毎日でも言わなきゃ!本気度が伝わらないですって!

no-img2″>
 <figcaption class=同僚

うーん毎日はめんどくさいかなっていう

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

復縁の可能性とかあるんですか?まだ好きとか

no-img2″>
 <figcaption class=同僚

全然!復縁とかはどうでもいいんですもう!ただ鍵だけ返してほしくて

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

、、、であれば本気で返してもらうように迫った方がいいですよ

no-img2″>
 <figcaption class=同僚

うーん、、、めんどくさいことになっちゃったなぁ、、、

オレが若干きもいなと思ったのは、彼女はこの話をしながらなぜかちょっと嬉しそうだったのだ。

困ってると言いながら「ふぅ、やれやれ(・∀・)」みたいな感じで、「元カレが鍵を返してくれない」というノロケ話を聞かされているような気分になった。

そもそも、事実上関係が終わっている恋人とキチンと別れないでズルズル連絡を取り合う関係がよろしくない。そしてそのまま累計で5年も経過しているとか、もう最悪である。

これはオレも経験があるため他人のことをとやかく言えないが、終わった関係の異性と無駄にエイジングしている期間が及ぼす悪い影響について、人はもっと真剣に考えるべきだろう。

彼女の30歳という年齢を考えると、こういうコブ付き状態は非常にまずい。なぜかというと、この手の適当な異性関係は歳が上なら上になるほど、その後の異性付き合いに甚大な影響が及ぶからだ。

これはほっとくと、まじで確実に一生響いてくる。

想像してほしい。自分が知り合い、イイ感じになった異性がいたとしよう。

この人なら付き合ってもいいかもしんない!年齢も年齢だし、もしかしたらその先にまで話が進んだりして、、、!

20代後半から30を過ぎて異性と付き合うからにはどうしても、うっすら「その先」を考えてしまう。自分の中ではもうその異性はバッチ来い状態で、妄想の風呂敷がすごいスピードで広がっている。

そんな状態。

もしかしたらもうフライングで1回か2回やってしまっているかもしれない。でもいい、なぜならもう大人の二人だから。これはセックスから始まる恋のパターンか?そういえばあのときのセックスも気持ちよかった。価値観も合ってるし見た目も好みでセックスの愛称もバツグン、きっと向こうも同じ風に思ってくれてるし、どうやって今日恋人同士になろうかな!!!

そんな矢先に、知るんである。

こいつは元カレ(元カノ)からまだ自宅の鍵を回収していない

なんじゃそりゃ!うんこしてアヌス拭かぬ!洗濯機回して洗濯物取り込まぬだわ、そんなもん!なんだこいつ!まじでないわ!

一気に評価急落。

「どうやって今日恋人同士になろうか」から「あと1回適当にやってフェードアウトすっか」まで株価は暴落、ガラ来るからこの辺で損切りして逃げとくか、である。

それほどまでに「別れた恋人から自宅の鍵を回収していない」ということのだらしなさが持つインパクトはデカい。しかもまだダラダラ連絡を取っているし、なんなら会ってる(やってる)とかまじで最悪すぎる。

女であればヤリマン認定、男であれば呼吸するように浮気する男確定である

例えばこれが下記であれば問題ない。

こいつは元カレ(元カノ)からまだ貸したCDを回収していない

大丈夫、よくあることだ。オレもある、キミだけじゃない。もう忘れよう、なんならそのCDのバンド自体聞くのをやめたっていい。

こいつは元カレ(元カノ)からまだ貸した金を回収していない

額によってはNGだが、数万円程度であれば問題ない。人生の授業料としてこの先の肥やしにできる。貸した側からアクションを起こさなければもう話題にすらあがらないだろう。寝た子を起こすなでいい。

しかし、これだけはいかんのである。

こいつは元カレ(元カノ)からまだ自宅の鍵を回収していない

あーそっちの世界の人ね。ま、いいんじゃないすかね、過去を未清算のまま生きていくのね。末筆ながら今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。

こうなるんである。まともな人であればこうなります、絶対です、人間はそういう風にできてるんです。

自宅の鍵にはほかのモノでは代替え不可能な「生臭さ」がある。

もらう方も渡す方も覚悟を決めた命がけ、もし自宅の鍵を渡した途端に相手が泥棒に入って金品を盗まれたとしても「ンなヤツに軽率に合鍵渡すからだアホ」の一言で終わる。そこに同情が介入するスペースは1ミリもない。

自宅の鍵を他人に渡すということは、そういうことである。だから、付き合いたてでまだどういう人間かわからない相手に簡単に合鍵を渡すとかは、完全NGなのだ。

で、話をオレの会社の同僚に戻そう。

今後、仮に彼女にイイ出会いがあったとしても、「25~30歳の期間適当な付き合いしていた男がいて、しかも自宅の鍵を回収していない」という前科を受け止められる男は少ないだろう。

その事実が醸し出す「便利な女感」を目の前にした男はほぼ確実にこう思う。

「なんで他の男がぞんざいに扱った女を自分が大事にしなきゃいけないんだ?」

・終わった恋人とキチンとしたお別れをしていない

・自宅の鍵を回収していない

たったこの2つの事実だけで、尻ぬぐいができないだらしない女として見られる。彼女には当然なれず、よくてセフレ止まりである。

こういうことを繰り返し、きちんと清算をしない関係をバームクーヘンのように重ねていき、負のスパイラルに落ちていく人は少なくない。

では、同僚の彼女はどうするべきなのか。答えは下記である。

× 25~30歳の期間適当な付き合いしていた男がいて、しかも自宅の鍵を回収していない

 ↓

〇 25~30歳の期間付き合ってた相手がいた(すでに分かれていて合鍵も回収済み)

たったこれだけだ。

・終わった恋人とキチンとしたお別れをしていない

・自宅の鍵を回収していない

たったこの2点を解決するだけで、彼女の「前科」はただの「古傷」に変わる。

その古傷が、雨の日や季節の変わり目なんかにたまに痛むことはあるかもしれない。しかし、だらしない女認定という泥沼からは確実に抜け出せる。ベクトルを未来に向けて時間を過ごせるようになるのだ。

オレは彼女にそういった感じのことを熱弁した。お昼休憩を犠牲にして、一日でも早く鍵を返してもらってくれと嘆願した。

しかしながら、彼女の返答はこうであった。

no-img2″>
 <figcaption class=同僚

こっちから連絡するのもめんどくさいんで、とりあえずおとなしく返してくれるの待ちますよ。あ、何ならお金かかるけど鍵穴交換しちゃえばいいですしね!

そういう問題じゃねぇんだよアホがぁぁ!!!

本人に本気で鍵を回収する気がなさそうなんで、それ以上何か言うのは控えましたm(_ _)m

no-img2″>
 <figcaption class=わたし

っていうか、いきなり夜中とかに自宅に来ても入れなきゃよいのでは。。。

no-img2″>
 <figcaption class=同僚

確かに、、、入れちゃうあたしにも問題はあるんですよねぇ、、、(;^ω^)ドヤァ

、、、なんだかんだ楽しそうでいいですね。そういうプレイに使われてんのか?オレは、、、

一体なんでオレにこんな話題を振ったのかと思いましたが、問題解決を求めていたのではなくただ愚痴りたかった(ノロケたかった)だけなのかもしれません。

合鍵を返してくれない元彼の本音について考える

ここで、鍵を返さない男の心理について考えてみる。

彼女が何度も「鍵返して」と連絡してるのにのらりくらりごまかしているその理由は、多分すごく単純な話で「鍵返したら彼女を完全に失うから」であり、もっというと失いたくないのは彼女というよりも「都合のいいときセックス込みで泊まりに行ける隠れ家的なもの」といった感じだと思う。

身もふたもない話だけども。

彼氏が、すでに20代の別の女と付き合っていながら彼女もキープしているという事実からカナリの手練れであることが予測される。もしかしたら他にも同じような境遇の女性がいるのかもしれない。

その彼が「なんとなく手放したくない」くらいの感覚で握っている彼女の自宅の鍵。ガチホする期間が長くなればなるほど、彼女の未来をガリガリ削っていることを二人ともよく考えた方がよいと思う。。。

恋愛というのは、どんな形であっても当の本人たちが満足納得しているのであれば外野が口をはさむ余地はない。それは分かっているんだけど、はたから見ていて明らかにアウトであったりキツイ恋愛は、自分もなるべくしないようにしないとですわ。

終わり。

-COLUMN
-

Copyright © あまいぱんブログ, 2018~2020 All Rights Reserved