アラサー会社員の人生楽しむゆるゆるブログ

あまいぱんブログ

COLUMN

浮気を繰り返す先輩(女)の修羅場エピソードと末路【気持ち悪い】

投稿日:

浮気を繰り返す先輩(女)の修羅場エピソードと末路【気持ち悪い】

スポンサードサーチ

恋愛における浮気修羅場エピソードは当事者以外にはコメディである

人間が最も気持ち悪い狂い方をする日常のトピックスは何か。

金銭問題、恨みや嫉妬、どれも美しくないが、恋愛絡みの事件には気持ち悪さという点でかなわないのではないだろうか。

ローからハイへの無茶苦茶なギアチェンジも、ハイからローへのエンストも起こりうる。そんな異常事態が割と頻繁に起こり、また、そのふり幅がデカければデカいほどロマンチックとされるイカれた状態。それが恋愛である。

とりあえず恋愛という代名詞を与えてしまえば、人を刺してもうんこを食ってもドラマが生まれがちな世の中

何か揉め事が起きたら、取り急ぎ恋愛のせいにしておけば、どんなに頭のおかしいことをしてもある程度のことはなぜかごまかせてしまうのだ。なんとかなっちゃう。

さて、本題です。今から話すことは15年ほど前の出来事だが、聞いてほしい。

浮気を繰り返すものは修羅場が日常化するというエピソード

その昔、オレの先輩(女)が結婚した。

この出だしだけであればおめでとう案件っぽいのだが、そのニュースを聞いた当時の我々はこう思った。「これはきっと、荒れるぞ、、、」。

熟練の船長が潮の流れと風の匂いで嵐を予感するかのように、一同は確かにそう感じ取った。

まず簡単にこの先輩(A子としよう)を紹介すると、まぁ、言ってしまえばただのヤリマンである。

いいわけや後付け理論と感情論で暴走列車のように動く淫乱であり、学生時代は家庭教師バイトという身分を利用し、男子生徒(中学生~高校生)を喰いまくっていたという。

時代が時代であれば、Yahoo!ニューストップを飾る事件に加害者として登場していただろう。15年前は世論が甘かった。

そして、そのパートナーの男(B太郎としよう)。B太郎とA子の関係は、結婚して夫婦になる前はヤリ友である。例により、家庭教師の授業を受けてるときにA子に喰われたB太郎だったが、そのままズルズルと慇懃を通ずる仲を続けていたわけだ。

そんな二人がいい加減な関係に終止符を打ち、世間的にキチンとしたケジメを付けた大きな理由は一つ。そう、A子がデキちゃったんである。

A子とB太郎は結婚に向け、人間関係その他の整理を開始した。

まぁ一筋縄ではいかないだろうと我々外野連中は予想していたのだが、その予想を裏切らないとんでもない爆弾が潜んでいた。

なんと、A子とB太郎にはそれぞれマジカレとマジカノがいたのだ。昼ドラのようなセックス臭いオチが発覚したというわけだ。

スポンサードサーチ

「修羅場エピソード」で済まされない浮気行為の気持ち悪い末路とは

さぁ、登場人物が一気に倍になった。

こうして、A子とマジカレ、B太郎とマジカノの4人が参戦する、地獄絵図のような四角関係戦線が火ぶたを切ったのだ。

連日に渡る交戦で、当事者4名だけでは処理しきれない流れ弾が次々と我々外野連に被弾した。数名の戦死者を出した結果、ついに訪れた終戦の日。

激戦区の四角関係戦線で結ばれた和平条約は、二か条に分かれた。

・第一条:デキちゃった者同士は予定通り結婚すべし

押忍!まぁ、これは分からんでもない。

関係者のうち一体どちらの男が父親なのかという疑問が残ったが、そこを追求しだすと次の条約が破棄となるため、真実はやぶの中に放り投げられた。

我々外野連をドン引きさせた次なる条約は下記の通り。

・第二条:あぶれた2人は付き合うべし

これを聞いた我々外野連は、鼓膜が溶けて脳みそが腐るかと思った。

「なんでそーなんだよッ!? なに考えてんだッ!?」

当然の疑問である。このストレートなオレたちの問いに対し、あぶれた二人が紡いだ答えもまたストレートであった。

「だって、、、好き同士になっちゃったから、、、」

狂気&クレイジー&GOマッド\(^O^)/

散々無関係の他人である我々をひっかきまわしておいた挙句、狂ったアンサーをドヤ顔で宣言した二人は、なぜか誇らしげであった。

そして、この結論を認め合ってしまった四角関係戦線の当事者4名の精神状態、とは。きっと、ちょっと頭がおかしくなってしまっていたのではないだろうか。

オレが結婚式に行きたくなくなった理由はこの一件でした

半端なく気持ち悪いオチで申し訳ない。

この一件は、恋愛という異常事態が持つ薄気味悪さが濃縮された事件だったとオレは思っている。

ここで本当に怖い話、恐ろしいことにA子とB太郎は、こんなバックグラウンドがあるというのに結婚式と披露宴を挙げたんである。

ウエディングプランナーのグッジョブがプラチナのように輝く、感動的な披露宴でした。

A子とB太郎の親御さんが感動して涙ぐんでいて、「ああこの人らはご子息ご息女の性癖分かってねぇのか、何があったのかきいてねぇのか、まぁそらそうか」と憤ったため、オレはワインその他をガブ飲みして前後不覚に酔っぱらってしまいました。

A子とB太郎のイカれた恋愛にオレたちは二度殺されました。もう我々の屍を超えていってください。

使い方を間違えると廃人になりますな、恋愛ってやつは。黙祷。

【速報】15年後のエピローグ

P.S.その後、A子とB太郎が離婚したことを風のうわさで耳にしましたが、すでにオレは彼らと関係が切れていたので詳細は分かりません。

あの時のA子の子供はもう中学生くらいには成長しているのではないでしょうか。

え?あぶれて付き合うことになった二人ですか?

そんなもんあなた、その後一瞬で別れましたとも。おしまい。

-COLUMN
-

Copyright © あまいぱんブログ, 2018~2020 All Rights Reserved