アラサー会社員の人生楽しむゆるゆるブログ

あまいぱんブログ

WORK

台風なのに意地でも出社させたい会社や企業がまじでバカすぎる件

投稿日:2019年10月12日 更新日:

台風来てても出社する

スポンサードサーチ

台風で電車が止まってても出社させたい日本の会社【頭が悪すぎる】

じゃてぃらん
こんにちは。じゃてぃらんです。

今回は、

まじでやばい台風とかきてるのに社員に出社強要させてる会社や企業がバカすぎると思うこと

について書きたいと思います。

理由は、そういう組織は生産性が低すぎたりリスクの把握ができていないから、ということです。

台風と出勤について考えるキッカケとなった令和元年の二大台風の来襲

令和元年の9月と10月に、台風15号と台風19号が本州に上陸しました。

この一連の流れは、『台風と出勤の関係』が社会的に見直される大きなキッカケとなりました。

電車が前日に運休を発表したり、様々なイベントが中止になったりお店が臨時休業したりしたことは記憶に古くないと思います。

「台風」は、命の危険がある自然災害時です。根性論で通常通りに日常をまわそうとするとかナンセンス過ぎるので、こういった動きが本来であれば当然と言えるでしょう。

物理的に出社困難な状況でも意地でも社員を出勤させたがる会社たち

ところが、このとき(2019年当時)観測史上で最大級といわれた台風下であったにも関わらず、緊急性や必要性のない業務内容の会社が社員に出社強要した事態も、多くありました。

ひと昔前の価値観をもったおじさんやおばさんたちは、台風だろうが電車が止まっていようが「社会人」である以上「出社」することが「社会人の常識」であるようにドヤ顔で語っていました。

しかし、 仮に台風下で出社強要した社員が、出社時や帰宅時に事故に巻き込まれたら責任を取る覚悟はあるのでしょうか。

じゃてぃらん
こういったことをする企業は、新型コロナウイルスで緊急事態宣言が出たときにも、意地でも社員を会社まで出社させたのでは。。。

SNSによる個人の情報拡散力がメディアを凌駕することが少なくない現代では、非人道的な対応をする企業はすぐに実名で告発・拡散されます。

明らかな異常事態でも社員に出社強制する企業は、『築き上げてきたブランドイメージの失墜』のような形でその報いを受ける、的な感じになっていくと思います。

こういったリスクを想像できないで、自然災害時や異常事態下でも根性論的に出社強要とかするって、組織としてバカすぎるのでは、、、という感じです。

台風でも「会社に行くことが目的」になって出社する生産性低すぎな人たち

令和元年の台風15号のときも今回の台風19号のときも、一定数の会社や企業は出社を強要していたみたいです。

とくに台風15号のときは平日だったせいもあって、JRはじめ公共交通機関が前夜のうちに運休を宣言しているにもかかわらず朝に駅が大混雑、という意味の分からない状態になっていました。

じゃてぃらん
普通に考えて、電車動かないっつってんのに駅まで行くって、、、大丈夫ですか?という感じです。

台風19号のときも、計画運休が発表されて朝は多少動いてても昼過ぎは電車止まりますっつってんのに、、、それでも出社させたがってる会社とか、会社行きたがってる社畜とか、正気の沙汰ではないと感じてしまうのですが、、、

台風で電車が止まっているときは会社なんて休みでいいということについては
台風で電車が止まってたら会社は休みでイイ話【物理的に行けない】
こちらの記事で書きました。

こういう風潮の会社や企業、社畜の人とかは、「会社に行くこと」が最終目的になっていて、「会社で仕事をする」という目的、もっというと「仕事でお金をもらう」とかの目的が完全に見えなくなっている場合もあると思っていて、生産性低すぎじゃないですかね。

例えば、取引先やクライアントも同様の状況で仕事どころじゃなくなっていて、会社にいたとしてもそこに仕事はあるんですか?みたいな状況。

下記、オレが実際にみたり聞いたりした状況をご紹介します。

電車動かないっつってんのに駅に行って動くまで待つ根性自慢

先ほども言った通り、台風で電車動きませんって言われてるのになぜか駅にあふれてイライラしてる人たち。いますよね。

頑張って仕事してる自分に酔ってるのか何なのか知りませんが、控えめに言って頭悪すぎ乙、といった感じです。

人の命に係わる業務内容とかじゃなければ、自然災害で電車が止まっている状況下で会社に行く必要って本当にあるんでしょうか。

交通インフラの麻痺に対して人力の力技や根性で対抗しようとするとか、どうにかなると思ってるんですかね。

この手の人はたいてい「電車動くまで待ってた」とか「超満員電車で何時間遅れた」とかをドヤ顔で自慢する傾向があって、まじで謎すぎです。

運休発表された駅で数時間待つだけのかんたんなお仕事です

駅で数時間待って、結局電車動かなくて帰る人。これも上記と似た感じですが、オレの周りには一番多いです。

台風で計画運休が発表されているのに、朝いつもより早く7時とかに駅について、ひたすら電車が動くのを待って、結果お昼13時とかに「まだ電車が動かないのでいったん帰宅します」とか業務メールしている人。

じゃてぃらん
その駅でひたすら待った約6時間の意味とは、、、みたいな。

で、こういう人は翌日会社に来て、同様の状況だった同僚とかと「いやぁ昨日は大変でしたね!」みたいなこと言い合ってて、まるで何かを成し遂げたかのような会話をして達成感的なものを醸し出しています。

いや、ただ駅でイライラしてスマホいじってただけでしょ、、、なんですごい仕事しましたねみたいな会話してるの、、、という。

何もせずに数時間ただ無駄にして帰っただけで仕事した気になっているので、生産性はゼロですね。しかしこういう人は驚くほど多い気がしています。

前夜会社近くのビジホに泊まるという狂ったシャカイジンノジョーシキ

「明日電車が動かないなら今日帰らなければいいじゃない」といった感じで、会社最寄り駅近くのビジネスホテルで前ノリする人。。。

自然災害で電車が動かなくなるという緊急事態です。そうまでして出社する必要があるのか、オレには全く理解ができないのですが、一定数います。

中には自腹で宿泊してる猛者もいて、だいたい都内のビジホは一泊5000~8000円くらいなので、日給換算すると一日の労働で得るサラリーの三分の一から半分くらいが「会社に出社するため」に消えることになります。

こういった行動を「社会人の常識」とか解く人もいて、ちょっと何言ってるか分からないというか、理解しがたいです。

スポンサードサーチ

台風でも社会を動かすため出社してるライフライン系の会社には感謝を

とはいえ、台風だろうとなんだろうと仕事をしなければならない方もいらっしゃいます。

缶コーヒーの有名かつ素晴らしいコピー「世界は誰かの仕事でできている」が真理を表していますが、自宅に引きこもるのもラジオで防災情報を聞くのもニュースサイトで最新情報をチェックするのも、全て誰かの仕事があるから実現できることです。

そういった方たちへの感謝の気持ちを忘れてはいけないと思います。

ほとんどの店が閉まっている中、営業していてモノを売ってくれるコンビニがなんとありがたいことか。

自然災害時に社会をまわしてくれるライフライン系のお仕事をしてくれる方への感謝の気持ちを持ちたいと思います。

「台風だろうと会社に出社することが大事」的な根性論もうやめませんか

今回の記事を書こうと思い、「台風、会社、休み」とかで色々調べていて下記の質問コンテンツを発見しました。

台風で会社に行かなかったことを原因に解雇通告されました
引用:教えて!goo

質問内容を要約すると、タイトルの通り

「台風で電車が動いてなく、午後1時過ぎても復旧の見通しがつかないから会社を休みました。そしたらその日の夕方に突然電話で解雇されました」

という感じなのですが、オレが驚いたのはその内容もさることながら回答者たちの書き込みです。
※下記一部抜粋

日本の会社員全般の考え方や、あなた様の立場(試用期間という微妙な印象度)をお見受けすると、出勤手段の見通しがつかなった段階においても、「 出勤ありき 」 で考えるべきだとは感じます。

不当解雇もなにも、だれよりも早く会社行きなさい。
勝手な判断をしている点と、簡単な予測と対策、判断の甘さを怒られているようですから。
他の人が書いてる土下座まではいいと思うけど、他の同僚も含めて謝ったほうがいいんじゃないですか。

皆さんも書かれていますが・・
>午後1時過ぎても復旧の見通しがつかない為、休みますと連絡しました。
これがまずいです。
電車が無い=休む
あまりにも、甘いです。「コイツ、使えない」と、判断されるでしょうね。
台風接近で、明日会社に来られないかも・・となった人が私の周りにも何人もいました。「明日、交通機関がどうなるかわからないので、泊まります」と、泊まってました。
大した責任がない立場でも、あらゆる手段を使って、とりあえず「会社に来る」という責任を果たす人材と、勝手にあきらめる人材。
勝手にあきらめてしまうような人は、育てたくもないですし、使えないと判断されてしまうのはしょうがないように思います。

なんだ?このマジやべぇ回答の数々は?と思ってよく見たら、この質問は2009年のモノでした。

じゃてぃらん
今からたった10年前のシャカイジンノジョーシキがこうも思考停止極まりないものだったとは、心底驚きです。

「何が何でも会社に来ること」を前提にしているというか、精神論や根性論があふれていて、会社で働くという目的の本質をはき違えている気がします。

こういう狂った考えの環境で働いてきた今のおじさん世代が上司になっていると考えると、ちょっと暗たんたる気分にもなってしまいます。

声を大にして言いたいのですが、何が何でも会社に行く! とか、電車がないなら這ってでも出社すべき! とか、そういう紀元前から言われていたとされる古の根性論や精神論、もうやめにしませんか?

スポンサードサーチ

台風直撃でも出社させたい会社や企業はバカすぎるので辞めたらOK

ということで、「まじでやばい台風とかきてるのに社員に出社強要させてる会社や企業がバカすぎると思うこと」について書きました。

理由は生産性が低すぎたりリスクの把握ができていないから、です。

台風という自然災害でまじで命がやばかったりする中、責任も負わずにただ「出勤日だから」と出社させようとする会社とかはバカすぎるので辞めてしまってOKだと思います。

自然災害に対しては避難とか引きこもりとかで安全を確保することを最優先したいと思います。終わります。

-WORK
-, , ,

Copyright © あまいぱんブログ, 2018~2020 All Rights Reserved