アラサー会社員の人生楽しむゆるゆるブログ

あまいぱんブログ

WORK

オフィスカジュアルで服装自由な職場でもスーツが最適解と思う理由

投稿日:2019年10月5日 更新日:

服装はスーツでOK

本記事の目次です。

スポンサードサーチ

【結論】服装自由の職場でもスーツが最適解【オフィスカジュアル】

じゃてぃらん
こんにちは、じゃてぃらんです。

職場の服装に何を着ていくか迷います。オフィスカジュアルとか服装自由とか色々言われているけど、「常識」とかよくわからないです。結局なにを着るのが正解なんでしょうか

こういった疑問に答えようと思います。

職場の服装といっても、ユニフォームとか作業着とかで固定されている職業は除きます。

一般的に「オフィスカジュアル」であったり「服装自由」などと言われているデスクワーク的な職場でなにを着るのが最適解なのか説明していきます。

なお先にネタバレすると、どんな職場でもとりあえずスーツにネクタイが最適解である、というのが結論です。

理由を説明していきます。

オフィスカジュアルや服装自由な職場でもスーツが最適解の理由

人によっては

「オフィスカジュアルなのにスーツにネクタイとかwwwリーマン社畜乙www」

みたいな意見もあるかと思いますが、、、
比較的どんな職場でもスーツが最適解であると思う理由を説明していこうと思います。

理由は3つあります。

・意思決定の排除
・きちんとした人に見える
・転職活動しやすい

順番に見ていきます。

日常から「服を選ぶ」という意思決定を排除できる

毎朝起きたとき「今日何着て会社行こうか」と服を選ぶ選択を排除できます。

一日で使える脳みそのリソースは限られていると思っていて、有限であるならなるべく生産的なことに費やした方が良いですよね。

日常のルーチンでの意思決定は極力排除した方がいいと考えます。

じゃてぃらん
仮に1日3分服選びで迷うとしても、1週間で15分、1か月で1時間です。

ワイシャツやネクタイとかと合わせるのはぶっちゃけ適当でいいので、目覚めたら思考停止で洗顔して歯磨いてスーツ着て会社に向かいましょう。

何もしなくても「きちんとした人」という印象を与えやすい

服装自由で周囲が私服ばかりの中、自分一人だけスーツで仕事をしているとなんとなく「あの人真面目な人なんだな」という印象が生まれます。

特に何もしなくても「ちゃんとした人」と思われるのはメリットですよね。

もちろん見合った業務パフォーマンスを発揮することは大前提ですが、全く同じ業務をしても私服の人よりスーツの人の方がフォーマルな感じを醸し出せるのは単純に便利です。

装備するだけで自動発動するタイプのスキルなので、使わない手はないかなと思います。

転職活動のとき準備が減る、かつ周囲に勘繰られたりしない

個人的にはこのメリットが一番大きいなと感じています。

転職活動を行うときはもちろん面接とかにスーツを着て行くかと思いますが、日常的に私服でカジュアルな服装だと急にスーツを着て行くと同僚とかに怪しまれます。

勘のイイ人だと、普段スーツ着ていない人間が理由もなくスーツで出社してきただけで「あいつ転職活動してるな」と気付くこともあります。

じゃてぃらん
せっかく転職活動が進み面接が決まっても、周囲に怪しまれないために私服出勤して駅のロッカーとかにスーツ一式入れておいて途中で着替えて、、、とかになるとめちゃめちゃしんどいです。

その点普段から日常的にスーツを着ていればしれっと転職活動してもバレませんね。外回りの最中や定時上がりで他企業の面接とかに行けると思います。

いずれくるかもしれない転職活動に備えて毎日スーツを着て行くのはバカバカしいかもしれませんが、慣れれば別に苦ではないし、思考停止でスーツ着用していればOKではないでしょうか。

スポンサードサーチ

職場が服装自由でオフィスカジュアルなのにスーツを着るデメリット

とはいえ、毎日の仕事着をスーツで固定することにはデメリットもあると思います。
具体的には下記のような点です。

・めんどくさい・窮屈
・高い(初期投資と維持費)
・謎の反骨心

これも順番に見ていきます。

スーツはめんどくさいし窮屈である

職場の服装スーツ反対派の意見で多いと思うのがこれ「めんどくさい」ではないでしょうか。

確かに、私服とかに比べるとめんどくさいです。これはちょっと悲報ですが事実ですね。

汚しても気軽に洗えなかったりするので、お昼ごはんの汁が飛んで染みとかになると激萎えします。ワイシャツの場合、ボールペンとかで突いただけでわりと致命傷な汚れが付くこともあるので、汚れにはナイーブになります。

そういった場合、自分でケアするのがめんどくさいときは駅前のクリーニング屋にお願いすれば解決です。

買い揃える初期費用も維持費も高い

初期費用が高いという点も、これからそろえようとしてる方には痛い出費になりますね。安くても全部揃えたら数万円はしますから。

ただこれも、絶対新品とかじゃなくていいと思うので、古着屋やリサイクルショップなどまわって新古品などでジャストサイズを見つけたらOKです。

あとはユニクロやGUなどでそろえれば比較的安めで流行りのシルエットを抑えられますね。

自分の話をして恐縮ですが、オレのスーツ総額は下記の感じです。

ジャケット:980円(新古品古着)
ワイシャツ:300円(新古品古着)
ネクタイ:300円(古着屋)
パンツ:3980円(ユニクロ新品)
革靴:1280円(新古品古着)
【合計:6840円】

ぶっちゃけこんな感じで全然問題ないと思います。多少着こなしに気は使ってますが、パッと見で全然分からないです。

じゃてぃらん
ちょっとだらしないセットアップのヤツと並ぶとオレの方が全然きちんとして見えます。

古着屋の300~500円均一のコーナーとかに行くと、結構使えるスーツグッズが売っています。古着屋とかネットショップを上手に使いこなしましょう。

スーツにネクタイの社会の歯車になってたまるか

自分もそうだったので気持ちはよくわかるのですが、人によってはスーツとかネクタイとかを異常に忌み嫌うことがあります。

中には周囲がフォーマルな中で自分だけ革ジャンにジーンズとかだった話とかをドヤる人もいたり、、、

じゃてぃらん
個人的にそういうのは音楽で生計を立てているミュージシャンとかなら何歳でもかっこいいと思いますが、一般人がある一定の年齢を過ぎてもそういう謎の反骨心のまま成熟しないのはいかがなものかと、、、

すみません、この辺は個人の価値観ですね。

偉そうなことを言ってますが、過去のオレもスーツにネクタイでサラリーマンをやったら人生が終わると思っていました。自己紹介でも書きましたが、新卒就活をしていた際、河原で飲み会の二次会をやっていて、謎の反骨心でスーツとネクタイをスピリタスで燃やしたりしていました。。。(´;ω;`)もったいない。。。

今になってみれば、実に幼くて未成熟な「オトナヘノイカリ」だったと思います。

服装自由な職場の最適解はスーツです【オフィスカジュアルの正解】

上記の通り、

・どんな職場でもとりあえずスーツが最適解であると思う理由
・毎日の仕事着をスーツで固定することのデメリット

どちらも見てきました。総体的に見て、何か大きな理由などなければ職場の服装はスーツがとりあえず最適解であることがわかると思います。

職場に行く服装で悩んだりするのも本末転倒かなと感じており、、、そんなところの意思決定で脳みそのリソースを使い100点を目指すのではなく、思考停止でスーツを着ていけば最低限の合格点をオートマチックに稼げます。そっちの選択が賢いとオレは思います。

じゃてぃらん
意思決定のための脳みそのリソースは日常のルーチンではなく、仕事や副業などの生産的なクリエイティブに集中投下していきたいです。

本日は終わります。最後までお読みいただきありがとうございました。




-WORK
-, ,

Copyright © あまいぱんブログ, 2018~2019 All Rights Reserved