アラサー会社員の人生楽しむゆるゆるブログ

あまいぱんブログ

HOBBY

ベルトラのツアーでタイのアユタヤに行った感想【ベテランガイド体験談】

投稿日:2019年12月2日 更新日:

ベルトラのタイアユタヤツアー

スポンサードサーチ

ベルトラでタイのアユタヤ遺跡ツアーに参加しました【感想】

じゃてぃらん
こんにちは。じゃてぃらんです。

先日タイに3泊5日の旅行に行ってきました。初めてのタイだったので、世界遺産のアユタヤ遺跡は絶対に見たいと思っていました。

しかし、宿泊先だったバンコクセンターホテルからだと若干遠そうです。

バンコクセンターホテルからアユタヤまで

上記の通りだったので、これは個人で行くよりか現地のツアーで行った方がいいなと思い、タイのオプショナルツアー予約VELTRA(ベルトラ)でタイアユタヤツアーに参加しました。

※宿泊したバンコクセンターホテルについては
口コミ賛否両論のバンコクセンターホテルに泊まった感想【体験談】
こちらの記事で詳細ご説明しておりますので、合わせてお読みいただけると嬉しいです。

今回はその、ベルトラのタイアユタヤツアー参加の感想と体験談を記事にしようと思います。

【ベルトラ】初タイでアユタヤ観光ならツアーが便利【体験談】

結論からいうと、ベルトラのツアーは便利で良かったです。行きたいところ見たいところ、ノーストレスで見ることができました。

オレのように初めてタイに行って、土地勘とか公共交通機関とか全然分からないのであれば、現地ツアーに参加するのが便利でいいかなと思います。

上記にも書いた通り、アユタヤはバンコクからは離れています。公共交通機関で行く方法もあるっぽいですが、できれば車で行くのがベストなように思います。

しかし、事前に旅行会社にチャーターの相談をしたら、個人でガイドと車を1日チャーターすると8万円くらいかかるという回答が、、、インドネシアのバリ島やジャワ島ならこの方法で7,000円とかなのですが、、、

であればパッケージ型の現地ツアーがいいかなと思ったので、ベルトラで予約してからタイに向かった、という流れになります。

値段はベテランガイド付きで約1万円。便利で簡単だったのでオレみたいなタイ初心者にはぴったりだなといった感想です。

スポンサードサーチ

ベルトラツアー予約の流れ【タイ・アユタヤ観光】

ベルトラで現地ツアーを予約する方法です。タイ入りした後からでも予約できるっぽいですが、事前に日本国内で済ませておきたいですね。

具体的には下記の通り。

タイのオプショナルツアー予約VELTRAで参加したいツアーを探す
・「予約する」のボタンから申し込み
・日時と人数を入力
・旅行者情報の入力
・クレジット情報の入力と支払い
・予約リクエスト受付のメールが来る
・会員登録完了のメールが来る
・予約確定のメールが来る

上記の通りです。

予約確定のメールが来ると、メール内記載のURLから行けるマイページ上からバウチャー(ツアー詳細等を記したもの)がダウンロードできるようになります。印刷しておくかスマホに画像保存しておきましょう。

このバウチャーを持っていれば、あとはそのバウチャー内記載の集合場所に時間通り行けば大丈夫です。

じゃてぃらん
本当にこれで大丈夫かな、、、と不安もありましたが、普通に大丈夫でした。

日本語対応のガイドさんが名前の書かれた紙をもって待っていてくれるので、ツアーに出かけましょう。

なお、個人ツアーではないため申込み状況によっては複数人と同行になる場合もあります。

オレのときは自分含め2名で回ったのでスムーズでしたが、混んでいるときはもっとたくさんいることもあるとガイドさんが言っていました。

ベルトラのアユタヤ観光ツアー、タイ人ベテランガイド体験談

パッケージツアーには「ベテランガイド確約」というオプションがありました。

数百バーツ(2000~3000円くらい)追加すると、下記のようなベテランガイドが確実に案内してくれるとのこと。

ガイド歴:10年以上(又はそれに伴うガイド能力)
レベル:上位10%に選ばれたベテランガイド
人気の理由:
・アユタヤ遺跡の歴史についてしっかりと説明
・日本語が上手
・サービスの質が高い

引用:ベルトラ公式サイト

オレはこれに申し込みました。

ベテランガイドの正直な感想は「素晴らしい人だけど、数百バーツのオプションはなくてもよかったかな、、、」といった感じでした。

理由は、人当りよく親切な方で会話やコミュニケーションはバッチリだけど「アユタヤ歴史の解説」の部分が日本語があやしくて「?」な部分が多かったため、です。

とはいえ、とても親切で問題なくコミュニケーションがとれたので、結果としては満足でした。

じゃてぃらん
一点、日焼けしたくない方は、できれば薄手でいいので羽織れる長袖を持って行くことをオススメします。

というのも、タイの日差しはめちゃ強烈で、もしかしたらインドネシアより強いかもです。

帽子と日焼け止めだけだと対処しきれないっぽくて、日差しを遮るものがない場所にいると一瞬で日焼けします。暑いしどのみち汗はかくので、薄手のパーカー持ってくればよかったとすら思いました。実際、パーカーでフードまでかぶってまわってる方も見かけましたし。

オレはわりとイイ日焼け止めのNULL日焼け止めジェルをこまめに塗り直しつつの観光でしたのでダメージ少な目でしたが、まじでパーカー持ってくればよかったと何回も後悔しました。

日焼け大好きな方にとってはパラダイスかもです。

スポンサードサーチ

【タイ・アユタヤ観光】ベルトラのツアーで撮影した写真【体験談】

当日、このツアーで周った場所は下記の通り。

・ワットチャイワッタナーラーム
・ローカルお菓子屋
・ワットローカヤスッターラーム
・ワットプラシーサンペット
・ワットマハータート
・ワットラーチャブーラナ
・ワットヤイチャイモンコン
・モンコンボピット
・日本町跡

アユタヤの主要6大遺跡+αといった感じですね。

じゃてぃらん
ざっくりで恐縮ですが、下記のような写真が撮れます。

ベルトラツアー01

ベルトラツアー02

ベルトラツアー03

ベルトラツアー05

ベルトラツアー06

ベルトラツアー07

ベルトラツアー08

ベルトラツアー10

ベルトラツアー12

ベルトラツアー13

ベルトラツアー15

ベルトラツアー16

ベルトラツアー17

ベルトラツアー18

ベルトラツアー19

ベルトラツアー20

ベルトラツアー21

ベルトラツアー22

基本的に頭部がない仏像がほとんどで、綺麗に残っているものは非常に貴重なものかレプリカだそうです。

これは、戦争でビルマ軍に破壊され落とされたものよりも、約50年前にタイ人が盗んで売った事件でなくなった方が多いとのことです。

タイでは約50年前に大ニュースになったとのことでした。

犯人たちは盗む計画をたてるため出家して寺院で修行しつつ、見取り図とか人がいない時間帯とかを確かめて雨の日の夜にまとめてかっさらっていったらしいですね。

仏教国で仏像の頭部をはねるって、、、マジで罰当たりなことするなといった感じです。当然というか、犯人たちは全員仏罰が下って悲惨な状況になったという「昔話」的なオチもありました。

じゃてぃらん
あんまり表向きには言いにくい事実だけどね、とガイドさんが語ってくれました。

意外なところで感動したのが、道すがらガイドさんが立ち寄ってくれたローカルお菓子屋でして、ここで食べた「ローティサイマイ」というアユタヤ名物スイーツがマジで激ウマでした。

ベルトラツアー09

クレープ生地にカラメルとかで繊維状にした綿菓子的なものをくるんで食べるだけの素朴なものなのですが、絶妙な甘さと食感でいくらでも食べられそうでした。

こんな感じでガイドさんが手慣れた手つきで作ってくれました。

じゃてぃらん
日本でもタピオカの次くらいに流行ってブームにならないかな。。。

これ、まじでうまいからぜひ食べてみてください。

ところでこの繊維みたいな綿菓子的なやつ、どうやって作るんだろう?
と思いガイドさんに聞いたら、YouTubeでメイキング動画を探してくれました。

「最後、どんな鉄板もキレイなりますよwww」
「汗が落ちてもっとおいしくなるーwww」

じゃてぃらん
とか言ってました。。。タイジョーク。。。

そんなガイドさんはこの方です。

ベルトラツアーガイドさん

おもしろくて良い方でした。

初タイでのアユタヤ観光ならベルトラとかの現地ツアーが便利です

ということで、

初めて行くタイで効率的にアユタヤ観光をするなら、現地ツアーに参加することをオススメします。

でした。

まずはチュートリアル的にガイドさんに連れて行ってもらって、感じがつかめたら次の機会は一人で別の方法でチャレンジしてみるとかでもいいかもしれませんね。

旅行日程で「終日自由行動」の日がたくさんあったら、1日どこかに現地ツアー参加をしてみてはいかがでしょうか。

終わります。最後までお読みいただきありがとうございました。

-HOBBY
-, ,

Copyright © あまいぱんブログ, 2018~2019 All Rights Reserved