アラサー会社員の人生楽しむゆるゆるブログ

あまいぱんブログ

HOBBY

アドセンスに申請したら合格まで爆速7時間でした【オレがしたこと】

投稿日:2019年3月17日 更新日:

スポンサードサーチ

アドセンスに合格したので申請前後にやったことやデータを紹介します

アドセンス合格

じゃてぃらん
こんにちは、じゃてぃらんです。グーグルアドセンスに申請をしたら、7時間で合格することができました。

 

【申請メールの返信】

アドセンス申請メール

↑ 2019年2月23日土曜日の14時23分に申請の手続きをして

 

【合格で届いたメール】

アドセンス合格

↑ 2019年2月23日土曜日の19時12分に合格(^O^)/

 

色々な方のブログを参考にさせていただいていたのですが、数日とかかかることが多いと聞いていたのでそれなりに覚悟もしておりました。

記事数もまだそんなに多くなく、30記事くらいは必要というイメージがある中で15記事しか用意していなかったため

「落ちる覚悟でとりあえず一回申請してみよう」

とダメ元で申請したのですが、、、合格でき嬉しかったです。

そこで今回は、ブログ初心者のオレがグーグルアドセンスに合格するまでに気を付けていたいくつかのポイントをご紹介いたします。

ブログ内部で気を付けていたことと、記事を書くときに気を付けていたことの2パターンありますが、どれも簡単ですぐにできることです。

「ブログ作ったけどアドセンスの申請までになにをすればいいのかわかりません。どんなことに気を付けてればいいですか?」

こういった疑問をお持ちの方は、一つの成功事例としてご参考いただけると幸いです。

アドセンス申請する前にブログ内部で気を付けていたこと

じゃてぃらん
まずはブログ内部、サイト構成のときに気を付けていたことからご紹介します。

有料テーマを使用

カスタマイズがしやすかったり、SEO的に有利になったりと利点が多いので、このサイトでは有料テーマの「AFFINGER5(アフィンガー5)」を使用しています。

【公式】WordPressテーマAFFINGER(アフィンガー)

他のテーマは、WP始めたての頃に練習サイトで無料テーマをいくつか使用しました。

感覚的には

「素晴らしい無料テーマいっぱいあるし、無料テーマでも別に良くないですか?」

とも思ったのですが、ブログを始める際の本気度と先行投資の意味も込めてこのテーマを購入しました。

ものすごく評判のいいテーマでしたし、有料テーマにそれなりの金額で課金することで「もう後に引けない感」が欲しかったところでもあります。

ちょっとだけカスタマイズ

アフィンガー5の基本機能で自分の好みのデザインにしたり、ちょっとだけコード部分もいじってカスタマイズをしています。 といっても非常に簡単なカスタマイズで、

アフィンガー5スマホ用メニュー下に「MENU」を表示する【コピペOK】

アフィンガー5のコピーライトをプラグインなしでいじる方法【コピペOK】

こちらの記事でご紹介した2点のみです。

じゃてぃらん
どちらもコピペ一発でいけるので、よろしければぜひどうぞ。

プラグインを厳選

じゃてぃらん
とても便利なプラグインがたくさんあるのですが、入れすぎるとサイトが重くなるともいわれており、個人的に重装備を好まないため入れるプラグインは試行錯誤し厳選しました。

使用プラグイン

こちらの画像の通りでして、13個入れて3個は普段停止しています。 下記詳細。

もし認識に間違いがあるとかがございましたら、ベテランの方のご意見をご教示いただけると幸いですm(_ _)m

【常時有効化】

「AddQuicktag」記事編集のときに登録したコードを短縮タグで出せる

「Breadcrumb_json」Googleが推奨しているJSON-LDに対応したパンくずを出力する

「Contact Form 7」コンタクトフォーム(メール受付)の作成に使用

「EWWW Image Optimizer」画像のサイズ調整を自動でしてくれる

「Google XML Sitemaps」XMLサイトマップの自動送信に使用

「PuSHPress」ページ更新などをクローラーにすぐインデックスしてもらう用

「TinyMCE Advanced」記事編集のときに文字装飾などで便利になる

「WordPress Ping Optimizer」ピング送信のスパム判定を抑止する

「WP Mail SMTP」メール送信設定でContact Form 7と合わせて使用

「WP Multibyte Patch」英語圏で作られたWPを日本語圏で使用するための色々な機能

 

【停止(必要に応じて有効化)】

「All-in-One WP Migration」バックアップなどでデータを移行・保存する際に使用

「WP Fastest Cache」サイトが大きくなってきたらキャッシュ用で使用

「クレジット削除」Powered by AFFINGER5.表示を消す。当サイトでは必要ないようカスタマイズしたものの、とりあえず停止で削除はしていない。

スポンサードサーチ

アドセンス申請までに記事内で気を付けていたこと

じゃてぃらん
次に、記事作成の際に気を付けていたことを見ていきます。

申請時の記事数

申請時の記事数は15記事でした。各記事内で気を付けていたことは後述します。

申請時の平均PV

当サイトを公開したのが2018年12月でして、

・2018年12月PV:854

・2019年1月PV:336

・2019年2月(申請日23日まで)PV:250

という感じです。完全に雑魚サイトの数字ですね、、、

関連記事はタイトル名をアンカーテキストにしてリンク

関連記事をリンクさせる際は、「こちらの記事から」とかではなく、記事タイトルをアンカーテキストにしてリンクさせるようにしていました。 Googlebot(グーグルボット)は「こちら」とか「この」とかの代名詞だとそれが何なのか認識できないため、きちんとした文字列で認識してもらう必要があるためです。

画像はオリジナルのものにしてaltもしっかり入れる

メイン画像とアイコン画像は同じものを使用していますが、オリジナル画像にしてaltも入れています。これも、それが何の画像なのかGooglebotに認識してもらうためです。

タイトルとディスクリプションとh2に必ずKWを入れる

各記事ごとにキーワードを決めて、決めたキーワードは必ず「タイトル」「ディスクリプション」「h2」に入れています。

h2だけ読んで記事の内容が分かるようにする

これは記事によって微妙になってないのもあるかもですが、、、それでも意識としてh2だけ流し見ても記事の内容がざっと分かるようにするのが理想かなと思います。

じゃてぃらん
忙しい読者の方が記事をスクロールで流し読みしても「何が言いたい記事か」分かる構成が良いと思っています。

【当サイトの例】

【株初心者】サラリーマンがチャートの読み方も分からず株やった結果

(h2)株初心者が見切り発車でデイトレやスイングするとどうなるか

(h2)初心者がロクな知識なしで株やると資産が停滞します【結論】

(h2)サラリーマンが仕事の合間に株取引をする方法

(h2)サラリーマンが株取引をするメリットとデメリット

(h2)【まとめ】株初心者がデイトレやスイングをすると結局は博打になる

1記事3000文字以上を目指す

記事ごとの文字数は諸説紛々ですが、一つの目安として3000文字以上ということを意識しています。

太字などの文字装飾はCSSで行う

文字を太くするときや赤字にするときは、HTMLタグでなくCSSで装飾します。

具体的に例を出すと、「b」ボタンで太くしないで「太字」ボタンで太くすると下記のようなコードの違いが出ます。

文字装飾

HTMLタグで文字装飾を頻発するとSEO的によろしくないためです。

記事を公開したらサーチコンソールでフェッチ

記事を公開したら、サーチコンソールでフェッチを投げてクロールしてもらいます。

せっかく公開した記事も、グーグルにインデックスされないと検索結果に表出しません。そこで、「記事を公開したんですぐにクロールしてインデックスしてください」というリクエストを送る作業がこちらになります。

じゃてぃらん
ブログ運営に必須のツール「グーグルアナリティクス」「サーチコンソール」は、もしまだ登録・設定していない方がおられましたらぜひ登録をおススメします。

アドセンス申請に合格すると嬉しいです【まとめ】

じゃてぃらん
以上、オレがアドセンス申請に合格するまで気を付けていたことを解説してみました。

リテラシーの高い方からすれば「なにをそんな当たり前のことを、、、」とか「その認識はちょっと違うぞ、、、」とか思われるかもですが、、、

少なくともWPブログを始めたばかりの数ヵ月前のオレは全然わからないことだったので、同じように始めたばかりの方が少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

グーグルアドセンスは合格するとマジで嬉しいのですが、オレ含むブログ初心者の方にとっては一つのハードルのように感じてしまうかと思います。完全初心者だったオレでも爆速7時間で合格できたので、まずは「えいや」で申請だけでもしてみる価値は十分にあると思います。モチベーションも上がるので、ぜひ試してみてくださいね。

というわけで本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました。

-HOBBY
-, ,

Copyright © あまいぱんブログ, 2018~2019 All Rights Reserved