アラサー会社員の人生楽しむゆるゆるブログ

あまいぱんブログ

LIFE

一人が孤独で寂しいと感じる理由と解決策をセットで考えてみる

投稿日:2019年4月2日 更新日:

スポンサードサーチ

一人暮らしだと誰しも孤独で寂しい気持ちで潰れそうな瞬間があります

孤独で寂しいとき

じゃてぃらん
こんにちは、じゃてぃらんです。 基本的に一人で生きています。自分で自分のご機嫌をとって愉快に機嫌よく生きていけるよう、日々過ごしています。

高校を卒業して19歳で上京し、34歳までの15年間ずっと一人暮らしをしています。彼女がいた期間も多少はありますが、どっちかの家で半同棲とかはなく、基本一人で15年間過ごしてきました。その15年を振り返ると、ポイントポイントで「気が狂うかと思うくらい孤独で寂しい瞬間」というのが幾度となくありましたが、、、齢34でようやく「孤独」とか「寂しい」とかの感情をある程度排除することに成功しました。

そこで今回は、

日常で感じるむなしさ

「一人暮らしで、、、孤独で寂しくてどうしていいか分かりません、、、」

と、意味もなくアイフォンの電話帳やラインの友だち欄を眺めてしまいがちな方に向けた記事となります。
一緒にそういった感情との折り合いの付け方を考え、現実の人生を充実させていきましょう。

【結論】孤独で寂しいという感情が生まれる原因はヒマだから

じゃてぃらん
先に言ってしまうと、孤独だとか寂しいだとかの感情が出てくる原因は「ヒマだから」、この一点につきるのかなと思います(異論はOKです)。

想像してみましょう。

こんなとき孤独や寂しさ感じる?

・週末金曜の夜、大好きな作家の新作を買って夜通し読みたいとワクワクしているとき

・楽しみにしていた映画が公開やレンタルされたから観るぞというとき

・ハマっているアーティストのライブがこれからあるぜというとき

・持ち帰りでどうしても明けの土曜AM中に納品しなきゃいけない仕事を抱えているとき

・持っている個別株が爆下がりしていて至急原因究明とポートフォリオの見直しを迫られているとき

上記のときなんかはたぶん「孤独だ」とか「寂しい」とは思いませんよね。

「ヒマだから」という表現に語弊があるとすれば、「やることがないから」と言い換えてもOKです。

やることがなくてヒマになり、かつ自由な時間もある。そういうときに人はその時間を埋める対象を自分ではなく他者に求めがちになり、その結果一人暮らしだと自分一人しかいないから解消ができず「孤独だ、、、」「寂しすぎる、、、」といった感情に流れ着くのだと思います。

スポンサードサーチ

人はヒマになると孤独を感じたり寂しいとか余計なことを考えたりする

ポイント

孤独や寂しさに負けそうなときは、具体的に自分の人生に積み重ねられる行動を何か一つとりましょう。

買ったきり読めていない本を読み始めてみたり、やろうと思って行動に移せていない副業へのアクションを起こしたり、無理やりにでも「ヒマ」をつぶすto doを課してみるといいと思います。

じゃてぃらん
繰り返しとなってしまいますが、何かしらやることがあったり行動をしていれば「孤独だ、、、」とか「寂しいな、、、」とかの感情は出てこない気がしており、、、日常の中で何か優先度の高い目標を持つことが重要だと思います。

若干の偏見もありますが、何となく毎日を過ごしている人ほど「孤独だ」「寂しい」とかの発信をSNSとかでやっている印象があり、現にオレ自身も会社の仕事以外にやることがなかった時期ほどメンヘラおじさん化していた気がします。

ブラック企業で仕事に忙殺されているとかでもたぶんダメで、また同じことを言いますが、

ポイント

自分主体で人生にメリハリをつける目標を持つことが必要

だと思います。

スマホのソシャゲで狂ったように課金しまくるとかでも何もないよりはましかもですが、できれば自分の将来に積み重ねられることの方が良くて、自分の話をして恐縮ですがオレの場合は

・当サイトブログ

・ネット古着屋

・投資の勉強とトライ&エラー

・転職活動の研究

・読書や映画鑑賞

などでした。

孤独感や寂しい感情をインスタントな人間関係で一時的に満たすのはNG

今までオレも散々失敗してきましたが、手軽な人間関係で一時的な欲を満たそうというのは完全NGです。

自分の時間とお金を失うだけでなく、相手の時間とお金も搾取する行為だからです。悪循環でしかないと思います。

例えば

完全アウト

・特に有意義な会話もできない知人をなんとなく飲みに誘う

・長期的な付き合いができない異性と意味もなく会ってみる

・昔の恋人に酔って電話をかけたりメールを送ったりする

こういった行為で一時的な「孤独感」「寂しさ」を解消しても根本解決には至りません

孤独とか寂しいという感情はあくまでも自分の中でのみ生まれているものなので、自分一人で解決するしかないです。

じゃてぃらん
自分で自分のご機嫌をとり、他者に感情面で頼らず、感情をセルフコントロールして生きていくことが賢い手段であり根本解決につながるんだと思います。

スポンサードサーチ

孤独だ、寂しい、と感じたらイコールで「ああヒマなんだな」と考える

見出しの通りですが、「孤独だ、、、」「寂しい、、、」という風に思ったら、瞬間的に「そうか、今自分はヒマなんだ」と認識するクセを付けると良いです。

このときにセットで「じゃあ自分が今やっておきべきことは」という考えまでもっていくとモアベターで、こういった考え方のサイクルを意識付けると必然的にやることや興味があることが見えてきて、感情に動かされ無駄な行動をとらされることも減ってくると思います。

感情は、きっと理論でコントロールできます。

孤独な状況は別に悪いことじゃない【寂しい気分は感情のバグ】

ぶっちゃけ、一人でいる時間がたくさんあるって素晴らしいことだと思います。

インプットもアウトプットもし放題だし、例えばただぼんやりと怠惰を貪るとかでも最高の贅沢ですよね。他人の制約がないから「いつかやろう」と思っていたことを始めるキッカケにもできます。

じゃてぃらん
極論かもですが「孤独」とか「寂しい」って、感情のバグみたいなものだと思うようになりました。

こういうことを言うとサイコパスっぽいかもですが、他人以上友達未満の何となく気の合う知人とかと、特に意味もなく集まって遊びに出かけたりって、一時的な人恋しさは解消できるかもですが果たしてそこに得るものはあるのか、ということです。

スポンサードサーチ

そんなこといってもやっぱり一人で寂しい孤独な夜もある

とはいえ、確かに、理屈では分かっていてもどうしようもなく孤独で頭がおかしくなりそうな夜とかもあると思います。オレもよくあります。

そんなときは、一人で気絶するまでお酒でも飲んでみたら良いと思います。

寂しいとか孤独だとかいう自分の感情の解決策を他人に頼る思考回路を捨てましょう。

今の世の中、そういう人間の孤独感や寂しさに付け込んだ便利なサービスがいっぱいあふれています。自分で行動したり考えたりを辞めて何かにすがった時点で利用する側の養分確定と思っていて、たとえばマッチングアプリとは言い換えのマジックでイメージ操作に成功していますが、ひと昔前の言い方をすれば「出会い系サイト」と同意義ですよ。

じゃてぃらん
敷居の低い入り方をした人間付き合いは、結局敷居の低い付き合いをなかなか抜け出せないものです。インスタントな解決策にはインスタントな結果しかなく、根本解決には至りません。

キャバクラとかガールズバーは論外なので言わずもがな、お金を払えば知らない異性と相席ができる飲み屋だってあるでしょう。けどよく考えてみてください。

あなたが本当に仲良くなりたい異性はそんな場所に自分から足を運ぶ方でしょうか。

そういう出会いで長期的なリレーションシップは築けるのでしょうか

実はマジな答えはすでに自分の中にあると思います。それでも愚行に及びそうになってしまうのが、孤独や寂しい気分という魔物が持つワナだったりします。

【まとめ】ヒマだと孤独や寂しい気分になるので人生に目標を持とう

ということでまとめに入りたいと思います。

まとめ

・孤独や寂しさを感じるときは実はただヒマなだけであることが多い

・孤独や寂しさを感じたら、自分の人生の目標を一つ思い出してみる

・孤独や寂しさに負けそうなときは自分の目標に積み重ねられる行動を一つ起こす

・孤独や寂しさといった感情の解消を自分以外の他者に求める思考回路を捨てる

・誰かに意味もなく無駄な連絡を取りそうになったら「この電話は本当に必要なのか」を考える

・自分の「ヒマ」をつぶせるのは世界で自分ただ一人と考える

寂しくて孤独で誰でもいいから話がしたいと思ったらあなたはどうしますか?

オレはブログネタを考えたり本を読んだり、具体的に人生に蓄積できる行動を起こすことで、愚行を抑制するようにしようと思います。

本日はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました。

-LIFE
-, , ,

Copyright © あまいぱんブログ, 2018~2019 All Rights Reserved