WORK

SPARK CAREER講師の寺尾さん特別インタビュー【就活で勝ち抜くために必要なこと】

投稿日:2021年8月30日 更新日:

SPARK CAREER講師の寺尾さん特別インタビュー【就活で勝ち抜くために必要なこと】

本記事の目次です。

スポンサードサーチ

SPARK CAREER(スパークキャリア)講師の寺尾さんにZoomインタビューしました

じゃてぃらん
こんにちは。じゃてぃらん(@jathilan666)です。

今回は、就活中の学生やこれから就活を始める学生に向け、就活塾「SPARK CAREER(スパークキャリア)」運営者の寺尾さんとの対談をまとめました。

寺尾さんは非常に気さくな方で、超ロングインタビューにお答えいただきました。感謝です(^^)/

SPARK CAREER(スパークキャリア)ってなんすか?

スパークキャリアとは

SPARK CAREER(スパークキャリア)とは、就活生向けの就活塾です。

比較的新しいサービスでして、まだ口コミや評判などの情報も多く出回っておりません。

当サイト『SPARK CAREER(スパークキャリア)とは?内定実績・サポート内容・口コミや評判を大解説【就活生向け】』で、より掘り下げてサービス内容などご紹介しております。

気になっている方は、ぜひこちらもあわせてお読みください(^^)/

SPARK CAREER(スパークキャリア)とは?内定実績・サポート内容・口コミや評判を大解説【就活生向け】

ハードモード化の一途をたどる就職活動を乗り切るためには

現在の就活事情として、早慶の大学生でも7割が大企業の内定をもらえないというデータがあります。

普通の大学生がどうすれば大企業から内定を貰えるのかについて、寺尾さんにお聞きしました。

就活の参考になる情報がたくさんありますので、現状を正しく認識しつつ「自分だったらどうすればいいのか」について考えてみてくださいね。

学歴さえあれば就活がうまくいく時代は終わった【ハードモード突入】

じゃてぃらん(以下、じ):
はじめまして。本日はよろしくお願いいたします。

寺尾様(以下、寺):
はじめまして。 SPARK CAREER(スパークキャリア)の寺尾と申します。こちらこそよろしくお願いします。

じ:
寺尾さんは、就活生向けにキャリアサポートを提供する「SPARK CAREER(スパークキャリア)」という就活塾を運営されているということで、どのような活動をされているのか具体的にお話をお伺いしたいと思いました。
寺尾さんが運営されているスパークキャリアには、現在どれくらいの生徒さんがいらっしゃるのでしょうか?

寺:
今年度(2022年卒)の就活を終えた学生さんは、22名です。
21年卒は17名の生徒さんに受講いただいておりました。

じ:
40名近くのもの生徒さんに就活指導をされているのですね。
ちなみに、、、どのような大学の学生さんが受講されているのでしょうか?学校名とかいただけますか?

寺:
大丈夫ですよ(笑)
学校名で言うと、早慶・上智の学生さんが6割、MARCHなどの学生さんが4割です。

じ:
えっ?早慶・上智クラスの学生さんが利用されているのですか?
トップクラスの私立大学生ですよね。それだけレベルの高い大学生なら、大学名だけで大手企業に内定をもらえそうな気がしているんですが、、、(笑)

寺:
いやいや(笑)!いくら早慶・上智でも、大学名だけで大手企業への内定は難しいですよ。
今は、早慶や上智といったクラスの学生であっても、データ的に志望者全体の3割以下しか大手企業に就職できないと言われていますからね。

じ:
早慶や上智で大手内定率3割以下ですか、、、!
偏差値トップクラスの大学なのに、それでも3割以下しか大手企業に入社できないんですか?

寺:
早慶や上智などの大学は、確かに偏差値はトップクラスと言えます。
ですが、それだけで就活が成功するかと言うと、そうではないんですよ。
もし早慶や上智の学生がなにも就活対策をしていなければ、条件的には他の大学の学生と同じです。
極論ですが、いわゆるFラン大学の学生とスタートラインは変わらないです。
大手企業への就職は難しいですし、SPIなどの筆記試験の結果が悪くなることだって考えられます。そうすると、そもそも面接にも到達できないですよね。

じ:
偏差値トップクラスの早慶なら、多少SPIの試験結果が悪くても、下駄履かせてもらえて大目に見てもらえるのかなって思っていました。
「筆記試験は若干アレだけど、早慶だしとりあえず面接には来てもらおうぜ」みたいな感じで、、、

寺:
いやいや、そんなに甘くありませんよ。
筆記試験の点数が悪ければ、大学名関係なく面接に進むことは難しいです。
自分は偏差値トップクラスの大学だからと筆記試験を甘く見ていると、思いもよらない結果にショックを受けるでしょう。

じ:
有名な大学を出ていれば銀行やメーカーなど大手企業の就職がしやすいと思っていたので、意外でした。
どんな大学でも筆記試験対策はしないといけないってことですね。

寺:
大学名だけで採用される時代は終わっていますね。
今は、採用することで、社内でどのように活躍してくれる人材なのか、会社とともに成長していける人材なのかということを重視してみています。
ですから、大学が早慶でも「活躍できそうにないな」「会社に合わないな」と感じれば簡単に落とされます。
でも、もしかしたら活躍できる能力があるかもしれないのに、面接でアピールできなくて落ちるという残念なケースもあるのです。
これはもったいないですよね。なので、就職活動では面接対策をきちんとやることが重要になります。

▶︎ SPARK CAREER(スパークキャリア)公式サイト

スポンサードサーチ

学生・就活生が身に付けるべきポイント5つ【個人では無理ゲーです】

じ:
短い面接時間の中で、自分がどのように会社に貢献できるのかを面接官にアピールしなければいけないって、、、結構難しいですよね。
転職キャリア組の僕でも悩みます。できるようになるために、就活生は何を身に付けておくべきなのでしょうか?

寺:
私が考える就活生が身につけるべきことは5つありまして、次の通りです。

  • リーダーシップ
  • 海外での経験
  • 自分でビジネスを立ち上げた経験
  • 自分で組織やチームを立ち上げた実績
  • 活躍をイメージできる理想的な経験

まず1つ目がリーダーシップ、2つ目が海外での経験、3つ目が自分でビジネスを立ち上げた経験、4つ目が自分で組織やチームを作った経験、5つ目が企業の上層部が欲しいと思えるような理想的な経験です。

じ:
非常にハイレベルな内容ですね。学生でこれらをフルコンプしてる人って、なかなかいないのでは?

寺:
確かに難しいでしょう。しかし、他の就活生と差をつけるためにもこの5つは必要です。
大企業の倍率は、50~100倍と言われていますから、普通の就活生と同じ行動をしていても、選ばれることはないのです。
スパークキャリアでは、一人ひとり足りない部分についてどうしたらいいのか的確にアドバイスしていきます。
ですから、遠回りをすることなく、無駄な努力を減らして大手企業から内定をもらえる確率を高めていくことが可能になります。

▶︎ SPARK CAREER(スパークキャリア)公式サイト

就活はいつからはじめるべきか【結論は思い立ったその瞬間から】

じ:
ところで、寺尾さんが運営されているスパークキャリアでは、就活生が相談に来るタイミングはいつ頃が多いですか?

寺:
3年生の夏や秋、冬の時期の相談が一番多いですね。大学2年の時に相談に来ていた学生もいましたよ。
夏や秋は、インターン選考もありますから、その対策として相談に来る学生は多いと言えますね。

じ:
そんな早い時期から行動されているのですね、、、
やはり早くから行動すれば、それだけ内定も早く決まるものでしょうか?

寺:
そうですね。3月前後で既に内定を取れているという学生が多いですよ。
早ければ、夏インターンからの選考で、2月ぐらいに内定を取っている学生もいます。
英語が得意な学生なら、ボストンキャリアフォーラム※へ挑戦してもらって、3年生の12月頃に内定を取れるということもあります。

※ボストンキャリアフォーラム:海外留学生を積極的に採用したい企業が多数参加するバイリンガル向け就職イベント

スポンサードサーチ

スパークキャリア寺尾さんの経歴

じ:
寺尾さんの経歴を拝見しました。
横浜市立大学に入学して、その後編入という形で東北大学に編入学(横浜国立大学・神戸大学も合格)し、損保ジャパンに入社。
その後に国際部門にキャリアップし6年間活躍された後に、ニューヨークの外資系企業に勤務ということですよね。
国内外で沢山活躍されていて、凄い経歴をお持ちなのだなと思いました。大学を編入されたのは何かきっかけがあったのでしょうか?

寺:
実は大学受験で希望の大学に行けなくて、横浜市立大学に入学したんです。
でも、その大学の周りの環境は、自分が求めていた環境ではなかったんですね。
それで大学の友達との交流を絶って、編入試験を受け、無事に合格することができました。

【指導料は15万円】コスパ意識を持ち初期投資に全力投球すべき理由

じ:
直接的な表現でアレですが、、、お金の話を聞かせてください。
ズバリ聞きますが、スパークキャリアの指導料はおいくらなんでしょうか?

寺:
15万円ですね。(※2021年9月情報)

じ:
15万円ですか。
スパークキャリアの指導料は、大学生が支払うとなると、やや高額ではないかなと感じます。どのようなお考えでこの料金で設定されているのでしょうか?

寺:
確かに指導料は初任給相当の金額ですから、大学生にとって大きな出費と思います。
バイト代が一気に飛んでしまうという声もあるかもしれません。しかし、値段以上のものが戻ってくるでしょう。元は取れると自負しておりますので、この料金で設定しております。
大企業に入社できるかできないかで、生涯賃金が数千万、それ以上変わってくるとしたらどうでしょうか。
ここでの初期投資は、無駄になることはないでしょう。

じ:
人生に必要な初期投資であると。

寺:
間違いなく必要な投資だと思います。
それに、もし、大企業の内定が獲得できなかった場合は全額返金いたします。

じ:
え!全額返金!それはすごい、、、!

寺:
高学歴の学校名が内定に直結しない現代の就活状況において、自己流の面接対策では他の就活生と差をつけることは困難です。
本当に大企業に就職したい、何としても就活を成功させたいと思って学生には、実績のあるスパークキャリアへの先行投資をおすすめします。

じ:
先行投資や自己投資について、寺尾さんの今までのご経験からどのようにお考えですか。

寺:
私はこれまで、東京・香港・ニューヨークという金融市場で様々な方々のキャリアを見てきました。
そこから感じたのは、どんどん昇進される人ほど、自己投資しているということでした。
自己投資をする人は、初期投資をするからリターンを得て、そのリターンを更に投資するからこそ、より大きなリターンを得ているのでしょう。
自分のキャリアに対してお金を自己投資することは、就活だけに限らず、人生で常にやっていくべきことと私は思います。

じ:
なるほど。確かに、大企業に入社できるかできないかで生涯賃金が数千万、それ以上違うと言われると、何としてでも大企業に入社したいと思う学生は多いでしょうね。
「初任給相当の額を払ったら、数十年後に数千万円、最終的にはそれ以上を稼げるようになる」という自己投資には悩まず課金が正解だと思います。
そもそも、そこでためらうなら、大企業を目指さないほうが就活もスムーズかもしれません。

寺:
いやホント、その通りですね。

じ:
それに、先行投資でしっかり面接対策して大企業に入社して、お金を稼げれば、自由に使えるお金も増えますよね。
より豊かな暮らしができて、人生が充実する可能性が上がるのであれば、指導者をつけてチート的に進める就活がスタンダードになってもおかしくないですよね。

▶︎ SPARK CAREER(スパークキャリア)公式サイト

寺:
ありがとうございます。前向きなお言葉を頂けて嬉しいです。
実は、私の活動に対して、批判的な声もあるんですよ。

じ:
まじすか、、、まぁ、どこにでもアンチはいますしね。

寺:
大手企業に就職するために大学生活を逆算して過ごすなんて、大学生活を楽しめないという考えがある人もいるのです。
確かにそれもひとつの意見でしょう。しかし、本当に大企業に就職したいのであれば、周りと同じでは難しいのです。
「友達とワイワイ楽しいキャンパスライフを送りたい」そう思うなら、それはそれで良いと思います。
ただ、本気で「大手企業を目指す!」と思うなら、大学生活は、自分自身の能力を高めるための時間としていただきたいのです。

スポンサードサーチ

スパークキャリアは文系向き【理系学生もOK】

じ:
ちなみに、キャリアパークは文系の学生の利用が多いと聞いたのですが。

寺:
はい、ほとんどの学生が文系です。
ただ、理系の学生でも、文系就職と同じような形に進みたいという場合には、対応していますよ。

じ:
寺尾さんの業界の得意分野を教えていただけますか?

寺:
金融・保険・コンサル系が特に得意ですね。
私自身、損保ジャパンで働いていたこともあり、そういう分野には自信を持っています。
ただ、理系をターゲットにしたメーカーの技術職に関しては、専門知識がありませんので、残念ながら指導することができません。
理系の場合、専門知識が求められることも多いので、文系の就職活動とはかなり違うんです。

じ:
なるほど。例えば、メーカーの総合職志望はどうでしょうか?文系の総合職なら何でもOKという認識で大丈夫ですか?

寺:
そうですね。特に文系の総合職なら、どの企業もほぼ会社が求めていることは同じ傾向ですしね。
安心してご相談いただければと思います。

スパークキャリアならではの強み【講師の実績と徹底個別サポート】

じ:
就活塾や学生専門のキャリアサポートサービスって、今色々なところが運営されてますよね。
スパークキャリアはそういった競合他社とどのように違うのでしょうか?

寺:
私が運営するスパークキャリアは、大きく2つの強みがあります。
まず1つ目が私、寺尾に講師としての実績があることです。
大学卒業後に損保ジャパンに入社して国際関係の仕事をバリバリ取り組んできたこと、また東京・香港・ニューヨークという各地域の金融都市で財務の経験していることなどから、大手企業を目指す学生にきちんとした指導をすることが可能です。
じゃてぃらんさんがおっしゃったように、現代では数多くの就活塾があります。その中には、指導される講師の経歴があいまいな場合も多いのです。
大事なキャリアサポートを何の経歴もない方には任せられませんよね。
その点で私は、就職活動で大手企業に入社して、そこからさらに高みを目指した実績があります。
なので、大手企業に入社したい学生には本人に合わせた適切なサポートができる自信があります。

じ:
まず、講師である寺尾さんにきちんとした経歴や実績があって、かつそれを公開されていると。
2つ目はなんでしょうか?

寺:
2つ目が、個別指導で徹底的にサポートしていることです。
他の就活塾の場合、集団講義にしていることもあります。集団講義の場合、ひとりひとりのペースに合わせることはできませんし、質問もしにくくなります。
効率よく指導するために、ひとつの部屋に20名から30名ほどの生徒を集めて、一気に講義をしてしまうのです。
これで20万円というような就活塾も見かけました。

じ:
うーん、、、それはちょっと高いかもですね。。。
普通の予備校的な内容なのにっていう。。。

寺:
値段の面でも懸念ありですが、なにより集団講義だと一人ひとりに合ったやり方で指導できません。
なので、集団講義形式の就活塾では結果を出せないことも多くあるのです。
スパークキャリアの個別指導では、学生さん一人ひとりにあった方法をしっかり分析してお伝えしますので、正しいやり方で面接の合格率を上げていくことができます。

じ:
なるほど。そもそも講師の実績があることに加え、徹底した個別指導の実践で、確実に自分にマッチした指導が受けられるところがキャリアパークの強みということですね。

▶︎ SPARK CAREER(スパークキャリア)公式サイト

本気を出せば誰でも大手に就職できる?【統計的には100人中約5人】

じ:
中堅大学の学生さんでも、スパークキャリアなら大手企業への就職を叶えられると聞いたのですが、そのような学生さんを指導する場合、寺尾さんはどのように指導されているのでしょうか?

寺:
まずは、その学生さんがどのようなスキルを持っているのか確認するとこからですね。
スキルの棚卸しを行い、何が足りないのか見つけます。
仮に、最初の段階でスキルが何もない場合でも、本番までに伸ばせるスキルを絞って集中的に高めていく指導をしています。

じ:
中堅大学の学生さんでも、努力次第では大手企業を目指すことが可能なのですね。
ちなみに、中堅大学生が100人いたとして、何人くらい大手企業に入社できるものなのでしょうか?

寺:
統計的に言えば、 100人中5人いるかいないかぐらいですね。
ちなみに早慶上智だと30人、MARCHだと10から15人、日東駒専は3から5人程度ぐらいしかいませんね。

じ:
そんなに少ないんですね、、、!

寺:
高学歴になればなるほど、就活に対する意欲や目標に対する解決能力も高く、大手に内定をもらいやすいのです。
しかし、普通の大学生の場合、そもそも大手企業にエントリーしなかったり、就活に対して受け身だったり、就活対策よりも他に楽しいことを優先してしまう人が多いと言えます。

じ:
耳が痛い、、、(苦笑)

寺:
例えば、夏のインターンシップは就活においてとても重要と言われていますよね。
うまくいけば採用に直結する大チャンスがあるにも関わらず、大学3年生の夏インターンの平均応募数は5~6社だそうです。
しかし、スパークキャリアの受講生は平均で30社ほどの夏インターンに応募しています。
そのため、その後リクルーターもつきやすく、夏インターン経由での最終面接(2~3月)に呼ばれて、そのまま内定を取れたというケースも多いのです。

じ:
夏インターンの時点でそもそもの母数が桁違いであると。

寺:
夏インターンに限らず、スパークキャリアでは就活における1つ1つの要素・イベントをとても重要視しています。
これらを徹底的にやり抜くことで、各受講生が、大手からの内定を複数獲得できているのです。

じ:
ほかの学生との行動が違うから、おのずと結果にも差が出るわけですね。

寺:
高学歴の学生さんは、もともと就職に対する意識は高い傾向にあると感じています。
しかし、早慶でも3割しか大手から内定をもらえていないという現実があるのは、結局のところ自分流の就活対策をやってしまう学生さんが多いからなのでしょう。
本気で大手企業に入社する気持ちがあるなら、高学歴の学生であっても、「きちんとした就活対策」をする必要があるということです。
なので、MARCHや日東駒専レベルの学生の場合、就職対策せずに大手企業を目指すのは無謀とも言えます。

▶︎ SPARK CAREER(スパークキャリア)公式サイト

キャリアセンターの指導は有効?【みんなと同じ行動では限界がある】

じゃてぃらん
今回の寺尾さんとの対談で、「早慶や上智クラスであっても大手企業に入社できるのは3割」という事実を知りました。

現代の就活状況は、早慶や上智クラスの大学でも大手企業が保証されているわけじゃないんですね。。。

しかし、もしそうだとしたら、「早慶や上智のキャリアセンターの職員は適切な指導ができているのだろうか?」という疑問が出てきました。

よく考えてみれば、キャリアセンターの職員さんって「大学の職員」ですよね。

つまり、キャリアセンターの職員さんは、大手企業から内定を貰った実績がないケースがほとんどのはず。

それに、そもそもキャリアセンター職員を希望していないのに仕方なしにその仕事をしている、という職員もいるかもしれません。

そのような場合だともちろん、意識も低くて人に教える能力がない職員だって存在するわけです。

嫌々仕事をしていて明らかにやる気のない職員に、自分のキャリアを相談したり任せたりする気になりますか?

【結論】大学のキャリアセンターは過信しない方が良いと思う

なので、キャリアセンターを否定するわけではありませんが、キャリアセンターでは指導してもらえない、または指導しきれないこともあるでしょう。

スパークキャリアに課金して実績のある講師から指導してもらうことは、周りのみんなと違ったインプットができるといえます。

就職対策本を買ったり、キャリアセンターで面接指導を行ってもらったり、就職支援団体とかいうよく分からない学生団体にいろいろアドバイスを貰っただけでは、大手企業に行くことは難しいのではないでしょうか。

みんなと同じ行動、同じ時期で動いていたのでは、みんなと同じ結果にしかならない。

これは何も就職活動に限った話ではありませんが、現実であるといえますね。

では、どうしたら良いのでしょうか。

アスリートから学ぶ就活成功のヒント【コーチによる個別指導】

就職活動を成功させたいなら、早めの行動と専門的な知識をもった人からの正しいアドバイスが大事と言えます。

じゃてぃらん
就活成功のためのヒントとして、寺尾さんから聞いたアスリートの事例をご紹介します。

まず、皆さんご存じのマラソンランナーの高橋尚子選手やテニスの大阪なおみ選手。

高橋選手には、小出義雄(こいでよしお)さんというコーチがついていました。テニスの大阪なおみ選手には、ウィム・フィセッテさんというコーチがついています。

高橋尚子選手や、大阪なおみ選手が活躍できているのは、もちろん個人の才能が飛びぬけて素晴らしいという前提がありますが、それ以上に「それぞれに合った正しいやり方や伸ばしい方を適切に指導してくれるコーチ」がいたからなのです。

コーチがいない状態で選手が活躍していくことはできません。

そして、コーチの指導方法が間違っていれば、選手の成績にも影響してしまうでしょう。

あなたが就活を成功させるのは、正しく指導してくれるコーチが必要だということです。

コーチがいない状態で戦おうとしていませんか?実績がないコーチから指導を受けていませんか?

▶︎ SPARK CAREER(スパークキャリア)公式サイト

 

人生を変えるなら今しかない!スパークキャリアを味方につけろ!

正しく指導してくれるコーチがいない状態で進める就活では、面接という試合で勝ちぬくことはできません。

新卒での就職活動は人生で1度だけなので、人生を変えるなら今しかないでしょう。

人生で一度しかない新卒就活を自己流でやることが、どれだけ損であるかを理解することが重要です。

もし、あなたが就活を最適化して成功させたいと感じているなら、きちんとした実績の人に教えてもらうべきでしょうね。

筆者が今就活生だったら、絶対外部のキャリアサポートを受けています

個人的な話をしてしまい恐縮ですが、、、プロフィール記事「社会人未経験で28歳までフラフラしてた男が正社員サラリーマンに擬態するまで」にも載せていますが、オレは新卒時代にまともな就活をしてきませんでした。

あの頃にちゃんとした就活していたらもっと人生がイージーモードだったのかな、とか考えることもあります。

それに、オレが新卒就活生だった約13年前にはこういったキャリアサポートサービスもなかったですしね。

もし今、自分が就活生だったとしたら、半信半疑でもなんでもいいのでとりあえずは無料相談会に申し込むと思います(‘◇’)ゞ

スパークキャリアは、コンサルタントの質を高めるために新規受講生は毎月5名まで限定しているそうです。

今この記事を読んでいるほかの就活生が申込をしてしまえば、あなたが正しく就活ができる可能性が1か月遅くなってしまいます。

まずは無料相談会でキャリアコンサルを体験してみるところからでも、行動を起こしてみてください。

ライバルたちに差をつけて満足できる就職と幸せな人生を送ってください

このスパークキャリア寺尾さんインタビュー記事読んでくれたあなたは、すでに他の就活生と大きく差をつけることができたはず。

なぜなら、他の就活生は、最適ではない自己流のやり方で就活を進めている可能性が高く、あなたが知っているスパークキャリアの存在を知らないわけですからね。

あとは行動して、目の前の扉を開けるだけです。行動しなければ、絶対に満足のいく就職はできません。

この記事を読んでくれたあなたがすぐに行動に移せるように、下のボタンをクリックすればスパークキャリアのホームページに飛ぶことができるようにしました。

あとはあなた次第です(^^)/

最後までお読みいただきありがとうございました。

-WORK
-, ,

Copyright © あまいぱんブログ, 2018~2021 All Rights Reserved